なぜ専業主婦がキャッシングできる?

キャッシングをするには、普通安定した職業と年収が必要になります。
パートやアルバイトでも借りることはできますが、
総量規制がありますので、年収の三分の一以下までの借り入れになります。
すると、全く収入の無い専業主婦は総量規制の定義では全く借り入れができないことになります。
しかし、複数の消費者金金融で専業主婦でもOKと謳っています。
別に怪しいところではなく、誰でも知っているような大手でもそうなのです。→じぶん銀行
実は、総量規制には対象外のものや除外されるものがあって、
30万円以下程度の小額な借り入れであれば対象外なのです。
ですから、このような小額の借り入れなら専業主婦でもキャッシングができるのです。
申し込み時に夫の収入証明も提出の必要はありませんし、
女性なのでレディースローンの優遇金利を受けることができます。
専業主婦でも緊急にまとまったお金が必要になったら、
堂々とキャッシングすることができるということを覚えておきましょう。

主婦が家族や旦那にばれないようにお金借りるには?

このブログ記事について

このページは、pjが2014年8月20日 14:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「専業主婦ローンの注意点」です。

次のブログ記事は「小額の融資に適したモビット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。