田舎の親戚の一人が亡くなり、葬儀に行かなければならなくなったのですが、かなりの交通費がかかるので、そのときはそんなお金の余裕はありませんでした。
しかし行かないと、あとで何を言われるかわからなかったので、悩んだ末、みずほ銀行カードローンから5万円を借りることにしました。
銀行は審査が厳しく、時間がかかるところが多いのですが、みずほ銀行の場合は最短即日利用が出来るところがよいので、いつも利用しています。
それと24時間いつでも申し込めるので、たとえお店の閉店時間を過ぎていても、ネットから利用できるところも気に入っています。
審査結果は合格となり、すぐに5万円を振り込んで貰えたので安心しました。
このお金があったおかげで田舎の葬儀にも出席出来ましたし、久しぶりに会った親戚と色んな話が出来たので楽しかったです。
銀行なのでそれほど金利が付くこともなく、次の給料日にまとめて返済することも出来たので、またいざというときはカードローンを頼りたいと思います。

突然に会社から5日間のお休みをいただけることになったのですが、給料日前で遊ぶ費用が
何もない!とはいえせっかくの5日をお金がないという理由だけで棒に振りたくないので
休みをいただいたその日のうちにノーローンに申請をしました。どうしてノーローンを選んだかと
いうと、審査から融資のスピードが速いことと、1週間なら無利息でキャッシングできることを
知ったからです。(キャッシングに詳しい友人がこっそり教えてくれました)
5日の休み後にはすぐに給料日だからこれならいける!すぐにネットから手続きをしたところ
午後には確認の電話がかかってきて、すぐに融資が決まりました。早い!間に合った!
翌日朝イチには20万円が振り込まれたので、せっかくなので趣味のバイクで遠出をして
5日間を満喫することができました。戻ってきて給与で返済をして終了。
まるで自分の給料から少しだけ早めにお金を使うことができたかのような感覚でした。
すぐに返せる目途が立っているときには、ノーローンは本当におすすめです。

バンクイックのような銀行系カードローンの審査は厳しい?

社会人になったと同時に始めた一人暮らし。
初めは予想以上に何かと物入りな事が続き、毎月、ギリギリの生活を過ごしていました。

しかし、そんなギリギリの生活の私に関係なく、飲み会などの付き合いが続き、挙句、友人2人が一気に結婚すると言い出したのです。
そして、嬉しい事に、2人とも結婚式に招待してくれることに・・・。

貯金は、引越しの際に使い果たし、いまだにギリギリの生活をしている私に結婚式に出席する余裕は一切ありません。
結婚式となるとお祝い以外にも、自分の洋服や髪型、また、2次会の会費も必要になってきます。
しかし、せっかくの祝い事を欠席するわけにもいかず、悩んだ結果、利用したのがキャッシングでした。

初めは、すごく抵抗がありましたが、ネットでも簡単に申し込みができるという事で、ネットで申し込んでみる事にしました。
すると、思いのほか丁寧な口調の人から確認の電話が入り、あれよあれよと必要書類を添付する事でお金を借りる事ができたのです。

そして、無事に結婚式に出席出来る事になりました。

もし、あの時、勇気がなくキャッシングを行わなかったら、友人の晴れ舞台に参加する事ができなかったのかと思うと、本当に良かったと思っています。
返済については、しばらくして寸志でもボーナスが出て、それと合わせて返済する事ができました。

ボーナス以外での返済は、正直大変でしたが、それより結婚式に出席できた方が良かったと思い、返済を頑張る事にしました。

専業主婦キャッシング

マイカー購入のためのプロミス

マイカーを持つことができれば、仕事や私生活においてかなり便利になってきます。しかし、マイカーを持つためには資金が必要となります。新車だと数百万円と高額になることが多いですし、中古であっても商品によっては数十万円から数百万円と高額な資金を用意しなければなりません。プロミスでの借入では、資金使途が自由に設定されているので、マイカー購入のための資金調達ができます。プロミスの利用方法はとても簡単で、街中にある店頭窓口から申込みをしたり、インターネットのWEBサイトから申込みをしたりと、自分の利用しやすい方法で申込みをすることができます。プロミスのお申し込みじゃこちらよりどうぞ。申込みをした後は審査に移り、この審査に通過すると融資を受けることができます。マイカーを購入するために、プロミスで先に資金調達することができれば、早く車を利用することができます。そして、借りた金額は計画的に、自分の収入にあわせて返済することができるので、とても利用しやすいものです。

小額の融資に適したモビット

キャッシングを利用するときには、それほど大きな額面を必要とすることはないでしょう。キャッシングというと、どちらかというと小額融資むけで短期間の借り入れをするためのものです。その目的で利用している人が多いのです。キャッシングを利用するときには総量規制に従わなければなりませんから、借りたいだけの資金を借りることができないということもあると思います。大きな資金を借りるときには、キャッシング以外の方法を探さなければなりません。
最大の限度額はキャッシング会社が設定していますが、実際のところは総量規制によって借りる限度は決められています。例えば、モビットは限度額500万円となっているのですが、これは最大で500万円ということで、個人個人では異なっています。たいていは総量規制にひっかかりますから、500万円借りることはできません。500万円を借りようと思えば、年収は1500万円も必要となるのですから、限度額まで借りるというのは難しいことなのです。

キャッシングをするには、普通安定した職業と年収が必要になります。
パートやアルバイトでも借りることはできますが、
総量規制がありますので、年収の三分の一以下までの借り入れになります。
すると、全く収入の無い専業主婦は総量規制の定義では全く借り入れができないことになります。
しかし、複数の消費者金金融で専業主婦でもOKと謳っています。
別に怪しいところではなく、誰でも知っているような大手でもそうなのです。→じぶん銀行
実は、総量規制には対象外のものや除外されるものがあって、
30万円以下程度の小額な借り入れであれば対象外なのです。
ですから、このような小額の借り入れなら専業主婦でもキャッシングができるのです。
申し込み時に夫の収入証明も提出の必要はありませんし、
女性なのでレディースローンの優遇金利を受けることができます。
専業主婦でも緊急にまとまったお金が必要になったら、
堂々とキャッシングすることができるということを覚えておきましょう。

主婦が家族や旦那にばれないようにお金借りるには?

専業主婦ローンの注意点

専業主婦がローンに申込む場合は、一定の注意が必要です。

すべてのローンを専業主婦が利用できるわけではありませんので、「自分が利用できるところ」を選ぶ必要があるからです。

毎日、家事や育児に追われているのに、「どうして貸してくれないの?」と思われるかもしれませんが、過剰貸付を防止するための「総量規制」というものがあることが背景にあります。

ここでは、専業主婦のローンにおける、注意点についてご紹介したいと思います。


■専業主婦は、消費者金融以外に申込む!

銀行よりも消費者金融のローンの方が、一見、簡単に利用できると思われています。

しかし、消費者金融は、受けている規制が多く、専業主婦への融資ができないことになっています。

「年収の3分の1までしか融資してはいけない」という総量規制があり、法律の壁によって、専業主婦への融資ができない仕組みとなっています。

そのため、専業主婦がローンを組むときは、消費者金融ではなく、銀行のカードローンを選ばないといけないことになります。


■銀行カードローンなら、どこでもOK!?

銀行は、総量規制の影響を受けませんので、すべて「総量規制対象外」ということになります。

しかし、銀行のすべてが専業主婦への融資をしているわけではなく、その一部に専業主婦が利用できるサービスがある、というのが実情です。

利用できない銀行カードローンに申込んでも、審査落ちとなってしまうのが明らかですので、「専業主婦の利用を認めている銀行カードローン」を選ぶようにしてください。


■目的に応じて申込先を選ぶ!

専業主婦が利用できる銀行カードローンには、

 ・みずほ銀行カードローン
 ・バンクイック
 ・新生銀行レイク

などがあります。

みずほ銀行は、専業主婦にも人気がありますが、申込みに数日間かかりますので、急ぎの融資が必要なら、バンクイックなどを選んでください。

インターネットから申し込み、自動契約機でカード発行を受けるようにすれば、即日融資も不可能ではありません。