キャッシングをするには、普通安定した職業と年収が必要になります。
パートやアルバイトでも借りることはできますが、
総量規制がありますので、年収の三分の一以下までの借り入れになります。
すると、全く収入の無い専業主婦は総量規制の定義では全く借り入れができないことになります。
しかし、複数の消費者金金融で専業主婦でもOKと謳っています。
別に怪しいところではなく、誰でも知っているような大手でもそうなのです。→じぶん銀行
実は、総量規制には対象外のものや除外されるものがあって、
30万円以下程度の小額な借り入れであれば対象外なのです。
ですから、このような小額の借り入れなら専業主婦でもキャッシングができるのです。
申し込み時に夫の収入証明も提出の必要はありませんし、
女性なのでレディースローンの優遇金利を受けることができます。
専業主婦でも緊急にまとまったお金が必要になったら、
堂々とキャッシングすることができるということを覚えておきましょう。

主婦が家族や旦那にばれないようにお金借りるには?

専業主婦ローンの注意点

専業主婦がローンに申込む場合は、一定の注意が必要です。

すべてのローンを専業主婦が利用できるわけではありませんので、「自分が利用できるところ」を選ぶ必要があるからです。

毎日、家事や育児に追われているのに、「どうして貸してくれないの?」と思われるかもしれませんが、過剰貸付を防止するための「総量規制」というものがあることが背景にあります。

ここでは、専業主婦のローンにおける、注意点についてご紹介したいと思います。


■専業主婦は、消費者金融以外に申込む!

銀行よりも消費者金融のローンの方が、一見、簡単に利用できると思われています。

しかし、消費者金融は、受けている規制が多く、専業主婦への融資ができないことになっています。

「年収の3分の1までしか融資してはいけない」という総量規制があり、法律の壁によって、専業主婦への融資ができない仕組みとなっています。

そのため、専業主婦がローンを組むときは、消費者金融ではなく、銀行のカードローンを選ばないといけないことになります。


■銀行カードローンなら、どこでもOK!?

銀行は、総量規制の影響を受けませんので、すべて「総量規制対象外」ということになります。

しかし、銀行のすべてが専業主婦への融資をしているわけではなく、その一部に専業主婦が利用できるサービスがある、というのが実情です。

利用できない銀行カードローンに申込んでも、審査落ちとなってしまうのが明らかですので、「専業主婦の利用を認めている銀行カードローン」を選ぶようにしてください。


■目的に応じて申込先を選ぶ!

専業主婦が利用できる銀行カードローンには、

 ・みずほ銀行カードローン
 ・バンクイック
 ・新生銀行レイク

などがあります。

みずほ銀行は、専業主婦にも人気がありますが、申込みに数日間かかりますので、急ぎの融資が必要なら、バンクイックなどを選んでください。

インターネットから申し込み、自動契約機でカード発行を受けるようにすれば、即日融資も不可能ではありません。